Please choose country and language

ネットワークとフィールドバス・モジュール

ネットワークのオープン性は多くのアプリケーションで重要な役割を果たすため、B&Rでは、すべての制御システムプラットフォーム向けに、主要なフィールドバス接続を幅広いフォームファクタで提供することを重要視しています。さらに、他社製デバイスは、EDSまたはGSDデバイス記述ファイルまたはFDT/DTM技術を使用して、B&Rのソフトウェア Automation Studioで完全に統合することができます。

一方、フィールドバススレーブモジュール(バスコントローラ)を使用すると、B&RのI/Oシステムと他社製コントローラをシームレスに接続することが可能になります。

OPC UA over TSN
OPC UA
POWERLINK
PROFINET
PROFIBUS DP
Ethernet IP
EtherCAT
ModbusTCP
DeviceNet
X2X Link
CAN bus
CANopen

OPC UAは、産業オートメーション分野やその他の産業において、安全で信頼性の高いデータ交換を実現するための相互運用の標準規格となっています。プラットフォームに依存せず、複数のベンダーの機器間でシームレスな情報の流れを保証します。
関連する仕様は、業界のベンダー、エンドユーザー、ソフトウェア開発者らによって開発されました。リアルタイムデータへのアクセス、アラームやイベントの監視、履歴データへのアクセスなど、クライアントとサーバー、サーバーとサーバーの間のインターフェイスを定義するもので、他のアプリケーションも含まれます。

OPC UA over TSNは、OPC UA FXのコアとなる部分です。FXはField eXchangeの略で、フィールドレベル通信の多様な要件に対応するためにOPC UAフレームワークを拡張した名称です。OPC UA over TSNは、他のプロトコルと比較して18倍の性能を有しています。これにより、ロボットと搬送システムの同期など決定性の高いアプリケーションの要求を、より高い精度と性能で実現することが可能となるでしょう。

POWERLINKは妥協のないリアルタイム性を提供します。100Mbit/sの伝送速度と ±100nsの同期精度は、制御エンジニアリング、ロボティクス、CNC、モーション・コントロールなどの領域の要求の厳しいタスクでもひとつのネットワークに組み合わせることができます。

PROFINET IOは、実績のあるTCP/IPとIT技術をベースにした産業用イーサネット規格です。この規格では、非リアルタイム、リアルタイム、アイソクロナスリアルタイムの3つの異なるパフォーマンスクラスに分かれています。

PROFIBUS DPは、PROFIBUSフィールドバス機器の90%以上で使用されており、現在でも最も普及しているフィールドバスの1つです。伝送速度は最大12Mbit/sでシンプルなプロトコルであり、製造エンジニアリングの分野における古典的な自動化タスクに適しています。

EtherNet/IPはソフトリアルタイム・システムです。EtherNet/IPは、TCP/IPプロトコルのTCPとUDPをベースに、オフィスネットワークと制御対象のプラントとの間の連続性をサポートします。

IEC 61158規格として発行されたこのプロトコルは、オートメーション技術におけるハードおよびソフトの両方のリアルタイム要件に適しています。EtherCATは高速な産業用イーサネットシステムで、タイムクリティカルなモーション・コントロールアプリケーションでの使用にも適しています。

Modbus TCP/IPは、プロセスデータの接続指向で安全な通信のためのクライアント/サーバ・プロトコルです。これにより、分散型オートメーション・アーキテクチャに高い柔軟性をもたらします。

DeviceNetは、IEC 62026およびEN 50325で標準化された、CANプロトコルをベースとするオープンなフィールドバス技術です。

CANバスは、機械製造業を中心に広く普及しています。普及の理由として、障害に対する高い耐性、高速データ転送、使いやすさ、決定論的なリアルタイム動作などが挙げられます。CANは、管理可能な数のリモートI/Oノードと少数の軸を持つアプリケーションに最適なフィールドバスとなっています。

CANopenは、CANをレイヤー2の伝送媒体として使用し、柔軟な構成が可能な通信プロトコルです。本来はモーション・コントロール用に開発されたものですが、医療技術、船舶、鉄道、さらにはビルオートメーションにも採用されるようになりました。

X2X Linkでは、B&Rコントローラのシステムバスが銅線ケーブルで外部に敷設されています。これにより、モジュールを直接隣接して配置したり、制御盤の境界を越えて最大100mまで接続したりすることができます。X2X Linkは、銅線ツイストケーブルをベースにしているため、障害に強く、特別な工具を必要とせずに世界中で使用できることが保証されています。

Please choose country and language

B&R Logo

Please choose country

B&R Logo

Please choose country

B&R Logo