Please choose country and language

医療用機器の組み立てに新たな柔軟性

小バッチサイズ、カスタマイズ医薬品の生産、絶え間なく続くTCOやOEEの最適化プロセスなど、医療用機器の組み立てにおけるアダプティブソリューションのニーズは、今、かつてないほどに高騰しています。

医療用機器業界の課題やアダプティブマシンについて、こちらのe-Paperをご覧ください。

e-paperをダウンロード

アダプティブ マニュファクチャリング

医療用機器の業界をリードするメーカーからは、多種多様なタイプの製品を同時に生産するという、画期的な技術を備えたソリューションが生み出されています。こうしたソリューションは生産性を損なわずに、小ロット生産での柔軟性を維持しています。これこそが新世代のアダプティブマシンです。、ダイナミックに変化する自動化が求められる製造現場においては、大変効率性の高いマシンと言えますで。その秘密は、単一のシステムに統合される カギとなる技術の進歩と、その相乗効果にあります。

B&Rは40年以上にわたり、革新的なハードウェアとソフトウェアソリューションを開発してきました。私たちの自動化のノウハウ、お客様とのビジネスと友好な関係、そしてイノベーションの文化が、医療・製薬業界におけるアダプティブマシンの最適なテクノロジーパートナーの礎となっています。

  • マニュアル作業の自動化
  • 生産コスト全体の削減
  • OEEの向上
  • 小ロット生産の効率化

医療用機器メーカーにとって、全てはデータから始まります。生産ラインの各工程やステーション、材料を移動させる各シャトル、実行されるすべての操作を完全にリアルタイムで制御し、トレーサビリティを確保することから始まるのです。こうした動作や操作の段階を通じて、製品の材料、資材に関する固有のデータが生成されていきます。

生成されたデータは分析と報告のため、リアルタイムでシステムに転送され、アダプティブマシンの性能の最適化にも使用されます。このデータを知見へと変える力が、生産性と効率化の基盤となります。

アダプティブマシンは生産工程の流れにある1つの製品を単体で方向転換させ、別の流れに置くことができます。どんな状況にあっても、その際に全体の生産を妨げることはありません。

こうした機能により、効率的かつ経済的なマス・カスタマイゼーション(大量生産)が可能になります。生産スピードを維持しつつ、生産中のロスを削減しながら、品質を100%保証するためのインライン品質チェックを効率的に行うことができるのです。

最高の生産性を実現するために

アダプティブ マニュファクチャリングは、従来のアプローチでは解決が難しかった事例に対しても、全く新しい解決策をもたらします。コストのかかるクリーンルーム内に設置した場合、設置面積の削減だけを見ても十分な効果を発揮します。

床面積1m²あたりの生産性向上

アダプティブマシンには、生産ラインの設置面積の削減という新たなソリューションがあります。例えば、並列処理ステーションを使って負荷分散させたり、製品の流れを統合することで、カスタム製品やパックを生産速度を変えずにその場で形成したりすることができます。

マシンの設置面積を縮小

生産ラインを通過する製品の動きは、その特性に応じて、いつでも「適応」させることができます。代表的な例として、スロッシング防止制御の機能があります。移動パラメータは、液体の種類、容器の寸法、充填高に応じた調整が可能です。

スロッシング防止制御をすることで、移動時に液体や粉体が容器内の高さまで到達しないため、余白の少ない小さな容器での生産が可能になります。容器のサイズを小さくすることで、包装材を減らす効果もあります。包装材を減らすことは、環境面でもメリットがあり、総体的な生産コストを下げることにもつながります。

リニア搬送システム

  • 個々のマシン速度に関わらず、最大の処理速度を実現
  • ギャップクロージング機能により、梱包箱を手直しする手間が不要に

搬送システムのメリット

完全統合型 妥協ゼロ

ロボットの導入は生産効率全体コストの両面から、医療用機器の組み立てに大きなメリットをもたらします。B&Rのマシン・セントリック・ロボティクスは、生産性と効率性の向上をめざし、さらに大きな一歩を踏み出しました。専用のロボットコントローラーを不要としたことで、設置面積の削減と、スペアパーツの在庫管理の効率化を実現しました。

もはやハードウェアと通信を別々にする必要はありません。ここでは、マシンもロボットも、互いを待つ必要はないのです。待ち時間ゼロ完全な同期によるマシンとロボットの同時動作は、生産性をより向上させ、総合設備効率(OEE)を新たな高みへと導きます。

医療用機器の組み立てへに対するマシン・セントリック・ロボティクスのソリューションは、床面積1m²あたりの生産量を増やす上で重要な役割を果たしています。

小ロット生産に大量生産の効率性を

医療機器や手術用準備キットなどの小ロット製品を、大量生産と同じレベルの効率性で生産することを想像してみてください。アダプティブ マニュファクチャリングは、それを実現することができます。そして、これこそがB&Rがすでに提供しているソリューションであり、技術なのです。

多種多様な材料の流れは、その場ですぐに組みあわされ、医療機器の小ロットやカスタム製品のキット、パックとしてフル生産スピードで形成されていきます。すべては中央制御システムによって完全に管理され、、操作とパフォーマンス全体が一貫してモニタリング下にあります。こうした特性により運用コストを削減し、マニュアル・手作業への依存度を下げることができるのです。

個別に制御されたシャトル上で材料を移動させることで、人の手を介さずに瞬時に段切り替えが可能になります。新しい製品や包装の場合でも、サイズや形状の調整は不要、レシピやパラメータの変更や再配置も必要なく作業が続けられます。このような作業を自動的に行うのがアダプティブマシンです。セキュリティは既に組み込まれており、完全なトレーサビリティによって、ライブデータと履歴データ両方の透明性が保証されます。

  • アダプティブマニュファクチャリングが適するソリューション:
  • オーダーメード治療、臨床試験
  • 自己投与型、単回使用、針を使わないデバイス
  • プレフィルドシリンジ、オートインジェクタ、簡易注射器
  • フレキシブルな計量、ウェアラブル、組み合わせ製品

イノベーション、革新的な進歩を必要とする現場

PIA社: コンパクトなクリーンルーム

PIA Automation社では、革新的なプロセスモジュールにトラック技術を使用し、クリーンルーム内と外の両方で医療機器を組み立てています。さらに読む

K&S社: 柔軟性の重要さ

K&S社にとって、個々に独立して制御されたワークピースキャリアの柔軟性は、直前で発生する予期せぬ要件の変更や新しい製品への対応を考えた時、非常に重要です。さらに読む

IMA社: 将来を見据えた生産性

IMA Automation社は、インテリジェントなトラック技術を搭載したデバイスアセンブリとバイアルキャッピングシステムの組み合わせにより、大幅な柔軟性と拡張性を得ることに成功しました。またマシンの隙間をなくすことで1m2あたりの床面積のフル活用を実現することができました。

B&Rのノウハウをお客様の成功に活かす

驚くほどに小さな設置面積でも一貫して高い生産性を維持しながら、簡単にニーズに適応し、拡張、カスタマイズできる’未来のマシン’へ置き換えを進めませんか?B&Rはそれを可能にするオートメーション技術をお客様に提供します。さらに、B&Rは’未来のマシン’を実現するための「アダプティブマニュファクチャリング」のノウハウを持っています。

私たちは、お客様のテクノロジーパートナーとして、初期のコンセプト段階から完成ラインが稼働するまで、お客様をフルサポートします。お客様のゴールやその目標達成のため、またアダプティブマニュファクチャリングを他社との優位性に変える方法など、まずはお気軽にお聞かせください。B&Rはお客様のご希望に応じたソリューションをご提供いたします。

お問い合わせ先

Please choose country and language

B&R Logo

Please choose country

B&R Logo

Please choose country

B&R Logo