Please choose country and language

SDL4によるデジタル表示伝送

B&RはHMIパネル・インターフェースの新世代を発表します

B&Rは最近、ディスプレイ伝送テクノロジー、Smart Display Link (SDL)第4世代を発表しました。SDL4はHDBaseT 2.0をベースとし、産業用PCと表示装置の間、100メートルまで範囲が可能です。これにより、リモートなHMIパネルとともに拡張されるマシンとシステムの装備を簡単にします。

最大100mまでカバー

SDL4は、表示内容や他のデータをより長い距離を超えて伝送可能にします。PCとディスプレイの間、100メートルまで距離が可能です。SDL4のもうひとつの特長は、標準のイーサネットケーブルを使用できることです。そのため、長い距離をカバーしてもケーブルのコストを大幅に削減できます。細径ケーブルとRJ45コネクタはフィードスルー開口部やスイングアームシステムのような狭いスペースにもぴったりです。

HMIパネル4台までPCに制御可能

SDL4コンバータは、パネル3台までがAutomation PC1台に接続可能にしています。異なる内容を表示している4番目のAutomation Panelも、SDL4インターフェースを追加すれば操作できます。これにより、B&Rは最新製造システムの必要性に対応しており、複数の現場取付操作パネルをますます際立てています。

オペレーティング・システムとソフトウェアに依存なく

B&Rのモジュラー・デザインのPCとパネルシステムは、どんなAutomation PanelでもSDL4インターフェースを装備できるようにします。SDL4伝送テクノロジーはソフトウェアとオペレーティング・システムに依存せず、USB、タッチスクリーン、ファンクション・キーを含む通信チャンネルすべてをケーブル1本にまとめます。SDL4は信号すべてを解凍し、最適な画質のために高解像度で送信します。

Please choose country and language

B&R Logo