Please choose country and language

人間が機械の非常に近くで作業する製造環境において、既存のセンサではオペレータの怪我に対する能動的な保護措置を十分にとることができません。 openSAFETYベースのライトカーテンをオートメーションの中に統合することで、B&Rは今日の生産施設に向けて、まったく新しい安全へのアプローチを開こうとしています。

従来のライトカーテンはまた、ミューティングのような機能を導入するために、ハードワイア型のセンサを必要とします。
openSAFETYライトカーテンを斜めに取り付ければ、追加のセンサやセーフI/Oモジュールは必要なくなります。 ライトカーテンは直接産業用イーサネットネットワークに接続されます。

ライトカーテンは機械・装置のオペレータを保護するために長年使われてきました。 ”残念ながら、従来のライトカーテンはあまり柔軟性がありません。”とB&RのopenSAFETYのテクノロジー・マネージャ、Miodrag Veselicは説明します。 従来のライトカーテンは人間と機械が実際に一緒に作業するという最近のデザイン・コンセプトの導入を妨げると言われています。

EPSGがインテリジェントなライトカーテンのために、openSAFETYプロファイルを開発したのは、このためです。 ”B&Rはメーカとして初めて、このタイプのプロファイルをオートメーションの中に完全に組み込もうとしています。”と、Veselicは説明します。 オートメーションのスペシャリストのこの挑戦には、新しいプロファイルをベースにしたライトカーテンの開発を手がけている、イタリアのDatalogic社も加わっています。

セーフ・ドライブ、I/Oとともに、openSAFETYライトカーテンは直接セーフティ・ネットワークに組み込まれます。 配線は最小限まで削減されます。

ハードワイアリング不要

インテリジェント・ライトカーテンはリアルタイムPOWERLINKネットワークに直接接続されます。 openSAFETYプロトコルが以前ならライトカーテンに必要だったハードワイアリングに取って代わります。 ”セーフI/Oチャンネルが必要ないので、openSAFETYライトカーテンを使ったアプリケーションはハードワイア型ソリューションより、高価になりません。”と、Velelicは言います。

インテリジェントなシングルビーム評価

シングルビーム評価を使うライトカーテンは、新しいEPSGプロファイルで定義されているように、より簡単な方法を提供します。 ”このタイプのライトカーテンを斜めに組み付ければ、インテリジェント・ミューティングのために必要なデータはすべて入手できます。”Veselicは言います。 どの光線が最初に遮られたかによって、追加のハードウェアがなくても、製品が移動した方向を測定できます。

openSAFETYは、どの光線がいつ遮られたか詳細な情報を持つSafeLOGICコントローラを提供します。 製品の移動方向に加えて、高さも測定可能です。走行速度を使って、長さも測定できます。

この情報を使って、セーフティ・コントローラはライトカーテンを通って移動した製品が予定通りのものであることを確認します。 もし人間が光電子センサを迂回するために製品の上に座っていたとしたら、機械はその安全状態を入力します。 ”従来のライトカーテンを使ったソリューションはこういったタイプの改ざんを検知するために多くの技術的な労力を必要としました。”とVeselicは説明します。

エンジニアリング・ソフトウェアでプログラム

openSAFETYライトカーテンを使ったB&Rのソリューションによって、ミューティングやブランキングといったセーフティ機能はAutomation Studioで簡単にプログラムできます。 openSAFETYライトカーテンがいったん導入され、デバイスにノード番号が設定されれば、残りのコンフィギュレーションはAutomation Studioで行うことができます。

従来のライトカーテンでは、デバイス上で面倒なDIPスイッチ・コンフィギュレーションをするか、専用のソフトウェアを使用する必要がありました。 このやり方はいったんすべてのものが導入されてしまうと、より厄介になることさえあります。DIPスイッチは手が届きにくく、エラーの原因にもなりかねないからです。

試運転を速く

”openSAFETYライトカーテンは試運転に必要な作業のうち、特に、シリーズ生産の装置に対しては、かなりの量を削減します。” セーフティ・アプリケーションは、一度書けば、どのマシンでも再利用可能だからです。 ライトカーテンをネットワークにつなぐだけでよいのです。 セーフティ・コントローラは自動的にライトカーテンのモデルが正しいか検知し、コンフィギュレーションをデバイスに伝送します。 マニュアル・コンフィギュレーションやオンサイトでの配線で起こるようなエラーを防ぎます。

”インテリジェント・ライトカーテンのトラブルシューティングの可能性は、大きな一歩です。”とVeselicは付け加えます。 以前は苦労して読まなければならなかったエラーメッセージや、LEDの点滅パターンが、プレーン・テキストで見ることができるようになりました。 これにより、より詳しい診断やダウンタイムの大幅な短縮が可能になります。

Miodrag Veselic, テクノロジー・マネージャ - openSAFETY, B&R

”openSAFETYライトカーテンは、人間と機械の共同作業を非常に簡単にする可能性を開きます。”

記事をPDFでダウンロード:

Please choose country and language

B&R Logo