マテリアル・ナンバーDescription製品を比較する ...
B&R Logo
  • ウェブサイト
  • 型番
  • シリアルナンバー
ログイン
としてログイン ユーザー名ログアウト
ロード中...
日本語

Please choose your country:

フォローする:

Yaskawa MOTOMAN社はPOWERLINKを採用

KUKAYaskawa MOTOMANは、POWERLINKインターフェース付属のロボティクス・コントローラを提供するようになりました。 これらのメーカのロボットはB&Rのオートメーション・システムに切れ目なく統合可能になります。 機械メーカにとってはロボット・プログラミングが容易になり、生産性が向上し、柔軟性が高くなるといったメリットがあります。

B&Rのコントローラに使用されているIEC 61131環境でロボットをプログラミングするためのライブラリが提供されており、マシン・アプリケーション全体に確実に切れ目なく統合されるようになっています。 試運転のスピードが速くなり、タイミングの精度が上がります。

余分なオペレータ端末は不要

ロボティクス・コントローラが一般的なコントローラ・システムに完全に統合されるので、ロボットは専用のオペレータ端末を必要としません。 操作と診断に必要なデータはすべて、機械の主端末上で表示・修正が可能です。

  • ハイライト
  • IEC 61131ベースのロボティクス・プログラミング
  • ロボティクスをオートメーション・ソリューションに切れ目なく統合
  • ハードウェア・コストを削減
  • ロボティクス・プラットフォームの選択肢が広く
Powerlink_Logo_CMYK

KUKA KR C4

POWERLINKインターフェースが組み込まれたKUKA社のKR C4ロボティクス・コントローラがご利用いただけるようになりました。 B&Rのコントロール・システムに統合するための対応する装置記述ファイルも利用可能です。 KUKA社はまたAutomation StudioのIEC 61131環境でロボティクス・コントローラをプログラミングするためのmxAutomationも提供しており、ロボティクス・ロジックをマシン・ソフトウェア全体に切れ目なく統合を確実にできるようにしています。

KR QUANTEC_links
Yaskawa DX200

YaskawaはDX200ロボティクス・コントローラにPOWERLINKインターフェースを統合して提供しています。 Yaskawaが提供する装置記述ファイルとMotoLogixライブラリによって、コントローラはB&Rのコントロール・システムに統合されます。 MotoLogixは機械メーカがIEC 61131言語でロボティクス・コントローラをプログラムし、アプリケーションに直接統合できるようにします。

Yaskawa_MOTOMAN_MH12
ComauとStäubli

C5G (Comau)とCS9 (Stäubli)ロボティクス・コントローラは、これまでかなりの期間、統合型のPOWERLINKインターフェースを備えてきました。 KUKAとYaskawaの新しいソリューションが加わり、ユーザはロボティクス・プラットフォームの選択の自由がいっそう広がります。

Racer Standard
Share
This site uses cookies to enable a better customer experience. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Please find more information about cookies in our Data privacy statement.