B&R Logo
  • ウェブサイト
  • 型番
  • シリアルナンバー
ログイン
としてログイン ユーザー名ログアウト
ロード中...
日本語

Please choose your country:

フォローする:

OPC UA @ B&R

B&RはOPC UAを自社のオートメーション製品に密接に組み入れています。 したがって、どんなB&Rコントローラでも OPC UAサーバまたはクライアントとして実装することが可能です。 これによって、SCADA、MES、ERPシステムとの垂直方向の通信や、 PLCからPLCへの ベンダー独立型通信 が可能になります。

B&Rの Automation Studio エンジニアリング環境でOPC UAデバイスのコンフィギュレーションを行ったり、アクセス権の設定を行ったりするには、数回クリックするだけでOKです。 オートメーション・プロジェクトでOPC UAファンクションを導入するには、PLCopenファンクション・ブロック を使います。

B&RのOPC UA製品はOPCファウンデーションの認証プロセスを完了しています。 OPC UA 仕様書への準拠を確認するために、製品はそれぞれ、600のテストに合格しなくてはなりません。

OPC Foundation Certified

Web HMI Visualization mappVIEW

OPC UAを使ったウェブベースのHMI – mapp View

多くの優位性があるため、B&RはOPC UAをベンダー独立型水平・垂直方向通信以外にも使用しています。 このプロトコルはB&R製品どうしの通信にも使われています。 例えば、ウェブベースのmapp View HMIソリューションは、OPC UAを使って機械・システムと必要なデータを交換します。 これは非常に 柔軟性の高いモジュラー型のHMI ソリューションの開発に役立ちます。

OPC UAを使用したファクトリー/プロセス・オートメーション – APROL

B&Rは APROLプロセス・ファクトリー・オートメーション・プラットフォームにおいても、OPC UAのベンダー独立型通信に信頼を置いています。 APROLのOPC UAサーバがOPC UAクライアントに対して読書きアクセスさせるAPROL変数については、すべて簡単な選択プロセスで決めることができます。 OPC UAクライアントはブラウザ機能を統合しており、リンクするデータポイントの選択も簡単です。

モータの管理、コントロール・ユニット、コンパクトなOPCコントローラ、その他のデバイスが、運転、サービス、診断といった重要なデータをOPC UAクライアント経由でAPROLと直接交換することも可能です。 さらに、HMIパネルまたはSCADAシステムをAPROLに接続可能です。

Teaser - APROL product page

OPCファウンデーションへの活発な参画

  •  
    B&RはOPC UA開発を進める試みに参加しています。 B&Rは長年にわたり、
    PLCopen OPC_UA RGB
     
     
    OPCファウンデーションのPLCopenワーキング・グループの中心的な存在であり、OPC UA向けの新しいPLCopen向けファンクション・ブロックの開発を継続的に行っています。 B&Rはまた、OPCファウンデーションのリアルタイム・ワーキング・グループをサポートしており、 POWERLINK向けのOPC UA付随機能の開発に積極的に取り組んでいます。これによって、インターフェース等を追加せずにセンサレベルからERPレベルまでの通信が可能になります。
     
Ejemplo
Share
This site uses cookies to enable a better customer experience. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Please find more information about cookies in our Data privacy statement.