Please choose country and language

OPC UAのリアルタイム性

今までは、リアルタイム要求のある複雑なプロセスとなると、OPC UAには限界がありました。 This is why the OPC Foundation is working on two extensions that aim to give the OPC UA communication standard real-time capability:

Publish-subscribe model

Until now, OPC UA has used a client/server mechanism, where a client requests information and receives a response from a server. このシステムはネットワーク上にノードが多数ある場合には限界があります。 The publish-subscribe model, in contrast, enables one-to-many and many-to-many communication. サーバはデータをネットワークに送信し(出版)、すべてのクライアントはそれぞれこのデータを受け取ることができます(購読)。

クライアント-サーバのメカニズムによって、クライアントは情報を要求し、サーバからレスポンスを受け取ります。
With a publish-subscribe model, a server sends its data to the network (publish) and every client can receive this data (subscribe).

標準イーサネットのリアルタイム性

The publish-subscribe model alone is insufficient for achieving OPC UA real-time capability. そのため、OPCファウンデーションはTime Sensitive Networking (TSN)も採用しています。 TSN is an extension of the IEEE 802 Ethernet standard to include various real-time functions. データが伝送された正確なタイムフレームも特定することができます。

自動車産業はTSNの開発を推進

自動車産業はTSNの開発を推進しているので、必要な半導体コンポーネントは非常に早く比較的安く手に入ります。 自動車産業は機能安全が必要なコントロールタスクとアプリケーションもイーサネット経由で扱いたいと考えています。 これを可能にするには、リアルタイム・レンジのサイクルタイムと決定論的なネットワーク動作が必要です。

Please choose country and language

B&R Logo