Please choose country and language

APROLにさらにOPC UAを

B&RのAPROLプロセス・コントロール・システムで、OPC UAのメリットをより活用できるようになりました。 OPC UAサーバとOPC UAクライアントがAPROLのLinuxベースのランタイム・サーバで直接利用可能になり、ベンダー独立型の通信を行うことができるようになりました。

OPC UAサーバが他のOPC UAクライアントに対して読み書きアクセスできるようにするAPROL変数は、すべて単純な選択プロセスで定義可能です。 リンクさせるデータポイントは統合されているOPC UAクライアントのブラウザ・ファンクショナリティを通じて選択できます。 読み書きアクセスのような重要な属性は自動的に利用可能になります。

ハイライト

  • ランタイム・サーバの統合
  • ダイレクトなデータ交換
  • 柔軟性に富んだコミュニケーション

CaeManagerエンジニアリング・ツールへの統合を通じ、B&RはOPC UAを使ってオープンな通信のまったく新たな局面を切り開きます。 使いやすいデータアクセス機能が、ゲートウェイ変数のコンフィギュレーションをサポートします。 システムのプロセス全体のイメージは、ランタイム・サーバ・プロセスデータをベースにした読み書きアクセスを通じて、OPC UAサーバおよびクライアントで入手できます。

B&RのAPROLプロセス・コントロール・システムを通じ、OPC UAは様々なメーカのシステムのモニタやコントロールを簡単にします。

モータの管理・制御ユニット、コンパクトなOPCコントローラ、その他のデバイスは運転、サービス、診断といった重要なデータをOPC UAクライアントと直接交換することができます。 さらに、OPC UAサーバを使って、HMIパネルやSCADAシステムをAPROLプロセス・コントロール・システムにいくつでも接続することができます。

APROLランタイム・サーバとの間で通信の確立も可能です。 プロジェクト内だけでなく、ソフトウェア・バージョンのことなる別のAPROLシステム同士でもこれは可能です。

Please choose country and language

B&R Logo