Please choose country and language

B&Rは常に Automation Studio開発環境内でのOPC UA機能の幅を広げています。新ドライバーの導入により、B&RコントローラにとってはOPC UAサーバと連動するのが以前より簡単になっています。

  • ハイライト
  • より少ないプログラミング
  • ベンダー独立型の通信
  • サードパーティ・アプリケーショでデバイスを統合 

B&Rコントローラはすべて、OPC UAサーバやOPC UAクライアントとして操作できます。PLCopenクライアント・ファンクション・ブロックを使ってB&Rコントローラと他のOPC UAサーバ間の接続をプログラムするのが、以前は必要でした。そのプログラミング作業すべてが、今では過去の話です。

新しいI/Oドライバ

B&RはI/OドライバをリアルタイムなAutomation Runtimeオペレーティング・システムに実装し、どんなOPC UAサーバでもコントローラ構成にでも統合できるようになります。アプリケーション開発者は、フィジカル・ビューかAutomation StudioのSystem Designerコンポーネントの中に、簡単に”OPC UA Any Device”をイーサネット・インターフェースへ加えます。その後、プロセス変数はI/O割付内のノードに割り当てられ、ドライバを設定し、OPC UA経由でデータの転送を確実にします。

シンプルな通信

I/Oドライバは書込み、サブスクリプションを使用し、OPC UAによって使われる商品サービスをモニタします。これは、OPC UA通信作業の大半を他のデバイスでカバーします。呼出方法のようなもっと徹底した機能だけがプログラミングされるべきです。B&RのOPC UAバス・コントローラは、新しいI/Oドライバを使っているB&Rコントローラと簡単にインターフェースも可能です。

Please choose country and language

B&R Logo