Please choose country and language

ERPレベルからフィールドレベルまで、すべての通信の統合は現在の最先端の生産システムにとって欠かせない要件です。ITとオートメーション間の溝を埋めるために、プラント・オペレータはオープンな OPC UA標準により目を向けています。しかし、リアルタイム要件のある複雑なプロセスとなると、OPC UAには限界があります。Time Sensitive Networking (TSN)のおかげで、それも今変わっています。

100%相互運用と同期

第4次産業革命はより効率がよく効果的な生産を行うのを目的として、グローバルな独創力のリーダーシップ下で、大きな歩みを進みました。過渡期の中央的役割はシステム間の接続性によって行われ、それは部品どうしや部品とクラウド間で、正確に時間指定した情報交換を頼りにしていました。これまでは、必要なタイミングの精密さはいろいろな専用プロトコルを使って実現され、ユーザには膨大な量の余分な仕事で、相互運用の欠如を補うよう強制されていました。

非常に強い協調を通じて、オートメーション供給者のグループはいろいろなシステム間の精密なタイミングによって100%相互運用を実現し、成功させました。OPC UA TSN は、アプリケーションすべてがシームレスな接続性を成し遂げるよう、同一なソリューションを作成できるようにします。

  • ハイライト
  • あらゆるアプリケーション向けの同一通信ソリューション
  • オープンスタンダード100%に基づく
  • 統合型セーフティ

オートメーション化通信は、試運転間でエンジニアリングを縮小

OPC UA TSNはITメカニズムをOT要求と組合せ、ネットワーク・ノードを通信させ、自動的に情報交換させています。ネットワークが自己設定可能になるので、試運転の間にやるべきことはすべて、アプリケーションの要求に基づいて調整ができます。ネットワーク設定よりアプリケーション自体にフォーカスすることで、試運転時間は大幅に削減しました。

大量データのモデルが簡単に

ネットワーク・アーキテクチャが成長すると、伝送されるデータのボリュームも成長します。OPC UAが提供する情報モデルは、システムを通し体系的かつ一貫した方法でこのデータを表します。情報モデルはオブジェクト属性のモデル化を簡単にします – これは装置、ラインやプラントなどの物にできます。標準化モデルは、データ・モデリングを出来るだけ効率的に作成すると定義されています。これは必要に応じて使用・拡大できます。モデルは個々のドライブから機械全体まで広がっています。このレベルの調和は通信がオートメーション化され、欠陥のある部品を交換する際に複雑化を防ぐのを可能にします。

OPC UA TSNに基づくB&R製品

B&Rは仕様プロセスが早いので、このテクノロジーの開発において重要な役割を果たしています。途中で得られた経験は、その自社ポートフォリオの中にOPC UA TSNをすばやく統合するよう会社を支えました。

現場に駆け付ける最初の製品は、OPC UA TSNネットワークのデータソースとして統合するために設計されたOPC UA TSNバス・コントローラです。処理からの信号はI/O接続それぞれを経由して読まれ、OPC UA TSN経由の上位レベル・システムを利用できるようにされます。どんなOPC UAクライアントも、バス・コントローラに決定論的アクセスできます。B&Rのバス・コントローラはOPC UA TSN接続を可能にするために市場で初めての製品です。

OPC UA TSN開発で尽力してまいり、B&Rは自社のOPC UA TSNの開発に貴重な経験を素早く生かし、製品を作りだしました。

B&RのOPC UA製品

Please choose country and language

B&R Logo