Please choose country and language

より小さいバッチ処理で生産され、種類が増加した製品は、中小企業(SME)にとっての生産セル経済的操作をますます挑戦的にしています。それを成功させるデジタル化、仮想化、接続性の進歩は、B&Rにとって新しいテクノロジー開発の中で大きな焦点となっています。これらの長所は膨大です。

  • ハイライト
  • 市場潜在性が高いエンドツーエンド・ソリューション
  • 十分な拡張性を持つハードウェア・ソリューション
  • エッジ上で幅広いデータ処理
  • センサからクラウドへの接続性

エッジ・アーキテクチャ

Industrial IoTは、既存のネットワーク・アーキテクチャへの新たな挑戦です。機械から取得する前処理データが必要なのは、エッジ・アーキテクチャを選択ソリューションにします。総体的アプローチも、リアルタイム通信の要求を満たし、必要なデータ処理機能を提供しなくてはなりません。

接続性

コンセプト全体の機能は、接続した機械とデバイスが、それら自体の稼働率と利用の情報を提供できる程度によって決まります。機械がこれを可能にするため、機械に使われている部品が状況データを記録し、通信できることが必要です。

デジタルツイン

仮想化は記述的モデルを構成させ、モーション・コントロール・システムやコントロール・ループの動きをシミュレーションします。これは今後の課題を早く識別されるようにします。最適ネットワークのために、機械はセマンティック・インターフェースを装備しなくてはなりません。これは、先端分析に高解像度のプロセス・データを提供したり、機能的な連結システムに統合されたりするようにしています。

モデルベースの開発

オートメーション規律の結合 – センシング、コンピューティング、コミュニケーション、コントロール – これらは処理能力に対し、さらに高い要求を突きつけます。ますます複雑なソフトウェアは、今では与えられたプロジェクトどれにおいても、エンジニアリング仕事の群を抜く割合を占めています。スマートなソフトウェアソリューションを作成する簡単な方法は、コードをすべて手動で書くのではなく、ファンクション・ブロックからモデルを組み立てることです。そうすることで、メカトロニクス要求すべてが初っ端から考慮されるようにできます。

オブジェクト指向ソフトウェア開発

500以上ファンクション・ブロックのライブラリと高まるヘルプは、制御ソフトウェア内で実行される機械処理の時間とコストを徹底的に縮小します。インダストリアルIoT向けに開発された特別な部品は、既存のオートメーション・ソリューションに統合可能になります。例えば少数の急結について、これらを使って機械上のOEEパラメータを視覚化することができます。

予知保全

予知保全はユーザが常に機械の健康状態をモニタし、収集した状況データを使って次回のサービス間隔を計算できるようにしています。このアプローチは予想外のダウンタイムを防ぎ、稼働率を大幅に増加させます。B&Rの特有な専門知識は高品質データのコレクションになり、生産の他の参加者たちとの共有が必要なテクノロジーになります。

エネルギー・モニタリング

媒体すべての取得データ – 電気エネルギーから天然ガス、灯油、さらに圧縮空気まで – によって、エネルギー消費すべてを自動的、総合的に記録ができます。消費とコストを計算して表示する能力は、ISO 50001定義のエネルギー管理システム実行をかなり容易にします。履歴データの評価と視覚化は、因果関係を正確に識別するために、エネルギー消費が詳細にさまざまなレベルで分析されるようにします。

Please choose country and language

B&R Logo