Please choose country and language

製品バリエーションが絶え間なく増え続けると、オンザフライでの生産切替が求められます。 サーボモータを使ったメカトロニック・ソリューションによって、以前の純粋にメカニカルなテクノロジーよりも、セットアップが簡単に、切替時間は短くなります。

安全に統合されたモーション・コントロールは、特にインライン・マシンについて、信頼性と生産性を改善しつつ、オペレータがメンテナンスを行う際のアクセスを最適化します。

アプリケーション・レポート

μs同期で充填

B&Rのオートメーション・プラットフォームは比重式(液面式)と容積式(流量式)、両方の充填プロセスを使われるバルブとセンサのリアルタイム同期によって制御可能です。 POWERLINKとNetTimeでマイクロセカンド単位の同期を実現し、最も厳しい市場の要求にも対応

スリップリングを通じて電源とデータの両方を供給

マシンの回転する部分には、分散型のコントロールおよびドライブコンポーネントがよく搭載されています。 こういったマシンはスリップリングによって電源と制御電圧を接続しています。 POWERLINKとopenSAFETYは保証速度100 Mbit/sで制御データを接続するだけでなく、分散型サーボドライブ用に24V電源と750VDCバスへの接続性も保証します。

セーフ・モーション・コントロール

メンテナンス中の安全性を最大限に確保するには、Safely Limited Speed (SLS)、Safe Direction (SDI)、Safe Operating Stop (SOS) Safe Torque Off (STO)など、直接ドライブに安全機能を実装する必要があります。openSAFETYはIEC EN 62061準拠でSIL 3まで、またはEN ISO 13849-1準拠でPLe、Category 4のセーフ・モーション・コントロールを保証します。

B&Rの豊富なセーフティ機能について、さらなる情報はこちらから:

www.br-automation.com/en/products/safety-technology/

軸同期緊急停止の制御

インテリジェントなB&RのACOPOSmultiモーション・コントロール・システムは、自動的に主電源の低下を検知し、緊急シャットダウンを開始します。 モーターに残存する運動エネルギーは、システムが完全な停止に至るまでオートメーション機能の維持に使われます。 ACOPOSmultiの能動電源モジュールは、UPSを必要とせずに、コントローラ、I/Oモジュールとドライブに対して24 VDCを供給します。 B&Rのインテリジェント・ソリューションは生産のムダを防ぎ、停電後のプラントの立ち上げ・再稼動にかかる時間をなくします。

さらなるメリット

さらなるメリット

  • スター・ホイールと回転台用モータ向けダイレクト・ドライブ
  • IP67ドアロックを簡単に統合
  • 衛生的なデザインのステンレススチールHMIパネル
  • 衛生的なデザインのステンレススチール・サーボモーター
  • 分散型オートメーションソリューションを備えたメカトロニックなマシン・デザイン
    • X67・X20 I/O
    • ACOPOSmotor
    • ACOPOSremote
  • Safe motion controlとSmart Safe Reaction
    • B&Rはレスポンスタイムを既存ソリューションの80 msから7 msまで削減します。
  • 予知保全: コンディション・モニタリング向けの統合型振動信号分析
  • POWERLINK経由の統合型視認検査
  • マシン・オペレータ向けのRFIDアクセス
  • OMAC PackML準拠
  • SDM:今までにないレベルの詳細なウェブベース診断
    • メンテナンス・タスクの究極のソリューション
    • オンサイトまたはリモート・アクセスで
    • トレーニング不要
    • プログラミングツール不要
    • 低コスト
  • ソフトウェア開発の効率化

Please choose country and language

B&R Logo