Please choose country and language

ネットワーク統合型ライトカーテンで経費節減を

openSAFETYライトカーテンを使う新しいセーフティ・コンセプト-B&Rとデータロジックによる

B&Rはネットワーク統合型ライトカーテンでセーフティ・アプリケーションの大幅な経費節減を提案します。 openSAFETYインターフェースを備えたライトカーテンは既存のソリューションで必要なハードワイアリングをなくします。 データロジック社は初めてこのネットワーク統合型ライトカーテンを市場に送りました。

シングルビーム評価

openSAFETYライトカーテンの他の長所は、それぞれの光線を個別に評価できる点です。 これによって、例えば自動制御のミューティングを導入し、以前のミューティング・ソリューションで必要とされたセンサをなくすことも可能です。

コンフィギュレーションと診断を簡単に

openSAFETYライトカーテンを使ったB&Rのソリューションによって、ミューティングやブランキングといったセーフティ機能はAutomation Studio開発環境で簡単にプログラムできます。 試運転に必要な作業量は、特にシリーズ生産の装置に対して大幅に削減されます。 LEDから読み取らなくても、プレーン・テキストで情報が入手できるので、診断も簡単になりました。

データロジックによるopenSAFETY導入

”openSAFETYライトカーテンによって、B&Rと当社の共通のお客様にまったく新しいタイプのセーフティ・ソリューションを提供できるようになりました。”データロジック社のプロダクト・マネージャ、Paolo Zanettaは強調します。 ”お客様は概念設計を最大限自由にすることができ、しかもシンプルなバイナリ・データ構造のアプリケーションと比べ、費用も節約できます。”

Please choose country and language

B&R Logo