Please choose country and language

ABBとB&RがSPS2019展示会で初めて完全に統合されたソリューションを発表

ABBロボットはB&Rオートメーションポートフォリオの不可欠な機能になります

ABBのロボティクス&ディスクリートオートメーションビジネスの一環として、B&RはSPS・IPC2019展示会で、ABBロボットをオートメーションランドスケープの不可欠な機能として紹介します。機械メーカーは、ロボットとその機械制御システムを一緒に購入できます。またB&Rは、オープンでリアルタイム対応のOPC UA over TSNの包括的なポートフォリオを立ち上げた最初の企業の1つです。SPS・IPC2019では、ホール7 /ブース206に展示されています。

ABBロボットをB&Rオートメーションシステムに統合すると、専用のロボットコントローラ、個別の制御キャビネット、プログラミングスペシャリストが不要になります。新たなソリューションは、複雑さを軽減し、かつ同期を最適化します。かつてない精度とユーザーフレンドリーなプログラミングとなります。

OPC UA over TSN製品

オープンでリアルタイム対応のOPC UA over TSN用の包括的な製品ポートフォリオも、B&Rブースで展示します。X20 PLC、バスコントローラー、産業用PC、TSNマシンスイッチにより、B&Rはモジュラーアダプティブマシンの完全に標準化されたネットワークを実現します。オープンスタンダードは、ネットワーク内のすべてのノード間で標準化されたデータを交換する単一のインターフェイスで、多数のプロトコルを単一のプロトコルに減らします。現場では、開発と運用が大幅に容易になります。

分散型コンパクトドライブにより、機械開発を簡素化

B&Rブースではさらに、2つのまったく新しいコンパクトなモーター搭載ドライブを展示します。新しいACOPOSmotorは、モジュール式プラントおよび機械の開発を促進します。それは、設置コストを削減し、キャビネットのスペースを節約します。新しいモーターは0.22〜0.35 kWの出力範囲をカバーし、最小バージョンはわずか60 mm x 90 mm(w x h)とコンパクトなサイズでありながら、50 µsの高速制御ループを可能にする本格的な統合サーボドライブを備えています。

Please choose country and language

B&R Logo